ホーム ≫ 高領域UVカットフィルム ≫

高領域UVカットフィルム

紫外線の影響

太陽光線の一つである紫外線は波長の長さによってUV-A、UV-B、UV-Cの3つに分かれていて、私たちに悪影響を及ぼすのはUV-AとUV-Bになります。

地表に届く紫外線の約9割がUV-A

UV-Aはエネルギーは弱いですが波長が長いため色々なものを透過する特徴があります。
曇や雨はもちろん、窓ガラスも透過するので家の中や車内にも到達します。
さらに、UV-Aの透過は物だけでなく皮膚も透過します。
人にUV-Aが当たると、皮膚の表面(角質層や表皮)を透過して真皮層まで到達し、そこにある線維芽細胞を傷つけます。
線維芽細胞はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを作り出す細胞なので、この線維芽細胞がダメージを負うと肌は弾力やハリを失い、シワやたるみといった影響を及ぼします。
紫外線によるシワやたるみは加齢による老化とは質的に異なるので「光老化」と言われています。

日焼けの原因はUV-B

UV-Bは波長が短く地球には約1割しか届いていませんが、エネルギーが強く、短時間で肌に赤い炎症を引き起こしたり、メラミンの沈着によるシミ・そばかすの原因になります。
またUV-BはUV-Aに比べて表皮までしか到達しませんが、エネルギーが強いので肌に与える影響が強く、分子レベルで皮膚に影響を与え変質させるので皮膚がんの原因にもなります。

 

紫外線による色褪せ、劣化

紫外線が影響しているのは「人」にだけでなく、「物」にも影響しています。
いつの間にか窓際の家具や床が色褪せていたり、障子が脆く穴が開きやすくなっていたりします。
これは紫外線が分子の結合を破壊するためにおきます。


このように、目に見えない紫外線は光のエネルギーで「人」や「物」に分子レベルで影響を与え劣化を促進させます。
そうして「いつの間にか」つまり長い時間をかけて肌のシミ・しわが出来ていたり、カーテンが色褪せていたり、形あるものがボロボロになっていたりします。
なのでそうなる前に対策が必要です。

性能と効果

紫外線対策の代表的なのが日焼け止めクリームなどの化粧用品です。
日焼け止めクリーム等はお肌の紫外線対策として使用し、塗った部分にしか効果がないので顔や首だけでなく全身を予防するとなると服から露出している手足にも塗る必要があり手間がかかる上、対象は人(肌)に限られます
紫外線は窓ガラスを透過するため影響を受けない日は殆どなく、室内でも日焼け止めクリームを塗った方がいいのですが、そうすると手間だけでなくコストもかかりますし、赤ちゃんや家具に塗ることはできませんよね。
そんな時に有効的なのが窓ガラスフィルムです。

ガラスフィルムでUVカットする最大の利点は、空間単位で紫外線対策ができることです。
窓ガラスにフィルムを貼るだけで、そこの空間全体の紫外線を99%以上カットできるので、当然室内にいる時は日焼け止めクリーム等をお肌に塗る必要はありません。
それは「人」だけでなくペットや床、壁、カーテン、商品、、機材などの形ある全ての「物」に有効です。

つまり、ガラスにフィルムを貼るだけで、紫外線による日焼け・光老化・色褪せ・劣化のUV対策ができてしまうんです。
そしてこのUVカット機能は弊社で取り扱っている全ての商品に基本性能として備わっています。
 

高領域UVカットフィルムの違い

ガラスの基本性能としてUV99%カットの効果がある説明はしましたが、それはJIS-A-5759の規格に指定してある紫外線領域300nm~380nmのこと指しています。
しかし、環境省の基準ではUV-Bは280nm~315nm、UV-Aは315nm~400nmまでとしています。つまり、JIS-A-5759の規格では私たちに悪影響を及ぼす紫外線をカットしきれないのです。
高領域UVカットフィルムはこの規格よりも広い280nm~400nmの波長域を99%以上カットすることができます。
これにより更に紫外線によるお肌や物への影響を受けなくなり、走光性の虫に対する防虫効果も高くなります。

因みに、日焼け止めクリーム等のUV基準は280nm~400nmとなっていますが、必ずしも99%カットするとは限らないのでガラスフィルムの方が効果があると言えます。
高領域UVカットフィルムグラフ
高領域UVカットフィルム比較

窓ガラスフィルム施工専門店
comfotect(コンフォテクト)

所在地

〒854-0001
長崎県諫早市福田町1-10-302

電話番号

050-7114-6504

営業時間

9:00~18:00

定休日

不定休

店舗概要はこちら

月別ブログアーカイブ

2023 (0)

モバイルサイト

comfotectスマホサイトQRコード

スマートフォンからの
アクセスはこちら